【6月24日(火)セミナー開催】社員の視点が自然に上がる人材育成施策とは?

2014.06.23セミナー情報

  このたびToBeingsでは、

「体験版」 社員の視点が自然に上がる人材育成施策とは?
〜心理学や組織開発のアプローチに基づく方法論をご紹介〜

と題したセミナーを開催致します。


開催日は、2014年6月24日(火)(9時30分~17時00分)でございます。

【プログラム概要

――人材育成に関するこんな悩みはありませんか?

「管理職層なのに、組織全体の視点で仕事を捉えていない」
「中堅層が、周囲を巻き込まず、ひとりで仕事を抱える」
「営業や新規事業において、自社目線での営業や商品開発に」
 

多くの職場では、長期に渡り組織の細分化や個人事の管理が進み、個人商店化がかなり進行している職場も多く見られます。そのような取り組みには、管理の効率化など一定の利点がある一方で、組織を率いる立場でありながら全体最適の視点が失われたり、中堅の役割を超えた動きや周囲を巻き込む動きが失われたり、自社目線での営業や商品開発が加速させていることも多く見られます。

一方で、経営や人事が「視点を上げる」べく、メッセージ発信や研修等を行っても、現場の認識とは距離があり、冷ややかな反応や表面的な受講になることも多々あります。 

そういった課題を抱えるクライアント企業様に対し、ToBeingsは心理学や組織開発のアプローチをもとに、社員の視点が自然と上がるプロセス・仕組み・スキルを提供してきました。

そこで、本セミナーでは、そういったコンセプトを軸にしながら、具体的に「誰の」「どのような視点を」「どのようにして」自然と上げるのか、そのアプローチを対象者ごとに整理し、ご紹介致します。

社員の視点を上げ、成果を生み出せる育成施策のエッセンスを体験できる構成になっております。社内への研修導入をお考えの人材育成担当者様は、ぜひこの機会にご体験ください。 
 

⇒詳細はこちら

 

 

 

2014年 ニュースリリース・セミナー情報へ